社員と人事部を年末調整から解放するクラウド+BPOサービス Mominoki(樅)

New2021年12月1日
Mominokiウェビナー開催しました。

Mominoki(樅)は
クラウドとBPOを組み合わせ、
社員と人事部を
年末調整から解放します。

  • 社員が行う証明書の読取作業を代行します。
  • 人事部が行う証明書の配布・回収・確認業務を代行します。
  • クラウドが年末調整をペーパレス化します。
  • 従来からの紙申告にも対応します。
  • Mominoki は、画像認識AIと人間の目視を組み合わせ、
    迅速で正確な読み取りを実現しています。

Mominokiの特長

社員と人事部に代わってMominokiが代行する
幅広いサービス範囲と
これを支える先端のテクノロジーを
ご紹介します。

  • 社員の読み取り業務を
    代行

    画像認識AIと目視を組み合わせ、
    社員に代わって証明書を正確に読み取り。

    社員の読み取り業務を代行

    画像認識AIと目視を組み合わせ、社員に代わって証明書を正確に読み取り。

    クラウドを用いて紙の申告書をペーパレスにしたところで、「社員が証明書を読み取り、Web画面に入力する作業」はなくなりません。
    Mominokiは、社員に代わって証明書を読み取ります。そして、読み取った結果を社員にメールして確認を求め、人事部に提出する申告データを作成します。
    社員がクラウドに入力しなければならないのは、証明書から読み取れない情報だけです。本人と扶養親族に関する情報や、控除証明書が存在しない国民健康保険などの情報などは、社員に入力してもらわざるを得ません。
    これらの情報の入力を完了したら、あとは依頼書と証明書を一緒に封筒に入れて提出するだけです。社員は、各種証明書から税務申告に必要な記載事項を読み取るという、そもそも自分の本業でもない苦行から解放されます。
    迅速で正確な読取代行を実現しているのは、画像認識AIと人間の目視の組み合わせです。廉価な作業者による人海戦術ではありません。読取代行の秘密については、先端のテクノロジーの項をご覧ください。
    紙申告の場合は、従来と変わらず、社員にはマルフ、マルホ、キハイショを完成させていただきます。税法に鑑み、社員は紙の申告書に記入し押印して提出するという従来の作業を続けなければなりません。残念ながら、紙申告の場合の社員の工数は、従来と変わりません。
    しかし、マルホを確認する人事部の業務は、ゼロになります。当社は、人事部に代わって、社員が提出した証明書原本を読み取ります。証明書が存在しない国民健康保険は、社員がマルホに記入した保険料を当社が読み取ります。そして申告データを作成し、人事部に提出いたします。
    紙申告の場合、社員は入力デバイスやメルアドをもっていませんから、当社が証明書原本から読み取った申告データを、社員にメールで通知することはできません。

  • 人事部の配布・回収業務を
    代行

    人事部に代わって、証明書を収集。
    紙の申告書の配布・回収も代行。

    人事部の配布・回収業務を代行

    人事部に代わって、証明書を収集。
    紙の申告書の配布・回収も代行。

    人事部の一大イベントである年末調整。クラウドあるいはオンプレミスのソフトを用いてペーパレスにする試みが、多くの企業で進められています。
    しかし、紙の申告書(マルフ、マルホ、キハイショ)をペーパレスにしたところで、税控除を受けるのに必要な証明書は、いずれにせよ収集しなければなりません。国は年末調整の電子化を進めていますが、すべての保険をカバーしているわけではありません。障害、勤労学生、あるいは非居住親族に関する証明書類を収集する作業もなくなりません。
    ラクラスの年末調整+BPOサービス「Mominoki(樅)」は、人事部が取り行ってきた証明書の収集業務を代行します。社員各位には、誰が提出した証明書なのかを特定するための依頼書と、提出すべき証明書を一緒に封筒に入れて提出いただきます。人事部を経由することもできますし、当社オペレーションセンターに直送することもできます。
    人事部は、Mominokiの管理画面から進捗状況をリアルタイムに参照できます。

    Mominokiはまた、従来の紙の申告書による年末調整も代行します。
    どの企業にも、紙の申告書での年末調整を必要とする社員がいます。
    Mominokiは、紙の申告書の配布・回収にも対応しています。人事部は、Mominokiの管理画面から、本人・扶養親族・団体保険データが印字された申告書のpdfファイルをダウンロードできます。あるいは当社が人事部に成り代わって、指定された住所への発送を代行することもできます。
    社員各位には、申告書、証明書、依頼書等の提出書類を一緒に封筒に入れて、提出いただきます。
    人事部は、Mominokiの管理画面から、進捗状況ををリアルタイムに参照できます。しかし、メルアドのない社員に対して督促メールを送ることはできません。

  • 人事部の確認作業を
    代行

    証明書原本を読み取って申告データを作成。
    人事部の確認作業がなくなる。

    人事部の確認作業を代行

    証明書原本を読み取って申告データを作成。人事部の確認作業がなくなる。

    クラウドを導入しても人事部に残る最大の仕事。それは、社員の申告と証明書を突合し確認し、必要に応じて正しく修正する業務です。
    Mominokiは、社員が提出した証明書原本を読み取り、正しい申告データを作り上げます。人事部の作業は、Mominokiの管理画面に年末調整対象者のデータをアップロードすること、そして社員が確認した申告データをダウンロードすることだけです。
    Mominokiはまた、従来の紙の申告書にも対応しています。紙の申告書と一緒に提出された証明書原本を、当社が正確に読み取ります。Mominokiは、証明書の突合・確認・修正という業務から、人事部を完全に解放します。
    年末調整申告に与えられた時間は、社員数の多寡にかかわりなく、どの企業でも同じ1ヶ月です。人口減少社会に突入した日本において、この期間だけ年末調整経験者を雇用するのは至難の技です。
    Mominokiは、社員数の多い大企業にこそご利用いただきたいサービスです。複数の拠点に多くの社員をもつ大企業のために、当社は様々なオプションと機能を用意しています。

  • クラウドにも紙申告にも
    対応

    クラウドがペーパレスを実現。
    クラウドを使わない紙申告にも対応。

    クラウドにも紙申告にも対応

    クラウドがペーパレスを実現。
    クラウドを使わない紙申告にも対応。

    リモートワークが一般化し、人事部も社員も物理的に接触することが少なくなった今日、クラウドの利用は有効な解決策です。
    Mominokiは、もちろん年末調整クラウドを提供します。社員が保有する個人スマホを利用してもらう場合には、スマホのメルアドを収集するサービスも提供します。また当社コールセンターは、クラウドの操作方法だけではなく、年末調整という制度に関する質問にもお答えします。
    当社は、2005年の創業時から、年末調整クラウドを提供しています。以降の度重なる税法改正、あるいはPCからスマホへと入力デバイスが変化したこと等にも、迅速に対応してきました。
    しかし、クラウドを使えない社員は、どの企業にも存在します。入力デバイスをもっていない、メルアドをもっていない、休職中である、あるいは紙文化であり社員がWebに慣れていない等、企業ごとに様々な理由があるでしょう。
    Mominokiは、従来と同じ紙の申告書を用いての年末調整にも対応します。人事部は、クラウドと紙申告を自由に組み合わせて、Mominonkiを利用できます。

  • 先端のテクノロジー

    画像認識AIと目視の組み合わせが、
    迅速で正確な読み取りを実現。

    先端のテクノロジー

    画像認識AIと目視の組み合わせが、
    迅速で正確な読み取りを実現。

    Mominokiは、社員に代わって当社が証明書の記載事項を読み取り、社員が確認した申告データを人事部に納品するという、他に類を見ないクラウド+BPOサービスです。これを支えるテクノロジーを説明します。

    年末調整の専門性とは何か?

    保険料控除証明書の記載事項を正確に読み取るには、専門性や経験が必要と言われています。なぜなら、保険会社ごとに保険料控除証明書のデザインが異なり、読み取るべき事項が印字されている場所が異なるからです。保険会社ごとに何種類ものデザインがあり、すべて合わせるとその数は数百種類にのぼります。
    社員と人事部は、適用制度、保険種別、保険料、保険会社名を読み取り、証明年度と氏名を確認しなければなりません。下の2つの証明書がまったく異なるデザインであることに気づかれると思います。

    画像認識AIと目視の組み合わせ

    そこでラクラスは、「その証明書がどの保険会社のどのデザインの証明書なのか?」を識別する画像認識AIを開発しました。異なるデザインが何百種類あろうとも、どのデザインかを特定することさえできれば、読み取るべき箇所を枠で表示することができるからです。
    そして読み取るべき場所に印字された情報を、OCR(光学式文字読み取り)ソフトおよび人間の目視により、二重に読み取ります。それぞれ異なる特性をもつOCRと目視を組み合わせることで、迅速かつ正確な読み取りが可能になりました。

  • 選べる機能と
    オプションサービス

    大企業の利用を想定した
    豊富な機能とオプションサービス。

    選べる機能と
    オプションサービス

    大企業の利用を想定した
    豊富な機能とオプションサービス。

    選べる機能

    独自文言差し込み機能
    クラウドのWeb画面、メール文面、あるいは紙年調の案内状に、企業独自の文言を差し込むことができます。拠点ごとの提出場所の案内などに利用いただけます。
    デフォルト表示選択機能
    人事部のデータベースに記録されている障害、勤労学生、ひとり親等の情報を、クラウドのWeb画面にデフォルトで、それぞれ表示させるか、させないかを選択できます。
    データ修正選択機能
    デフォルトで表示した情報を、修正できるか、できないかを選択できます。
    収集要否選択機能
    障害、勤労学生、あるいは前職源泉徴収票を、提出させるか、させないかを選択できます。
    日本語・英語選択機能
    クラウドのWeb画面、メール文面、あるいは紙年調書類一式を、社員ごとに日本語表記にするか英語表記にするかを選択できます。
    サブメルアド登録機能
    人事部が最初に登録したメルアドとは別に、社員が使いやすい個人のメルアド等をサブメルアドとして登録できます。自宅でクラウドを操作したい社員に便利な機能です。

    選べるオプションサービス

    メルアド収集サービス
    社員の個人スマホを用いて年末調整申告を行ってもらうとき、個人スマホのメルアドを収集するクラウドサービスです。
    部材発送代行サービス
    複数の拠点に対して、提出用封筒などの部材発送を代行するサービスです。
    紙年調発送代行サービス
    紙年調書類一式の発送を代行するサービスです。
    前職源泉収集・読取サービス
    年末調整に合わせて、前職の源泉徴収票を収集し、記載事項を読み取ってデータ化するサービスです。
    再年調サービス
    年末調整クラウドを一旦クローズした後に、再年調を行うクラウドサービスです。
  • 大企業向けクラウドサービス
    Mominoki Lite提供開始

    人事部が求める12の管理機能を実装。
    クラウドだけ利用したい大企業に向けたサービスです。

    大企業向けクラウドサービス
    Mominoki Lite提供開始

    人事部が求める12の管理機能を実装。
    クラウドだけ利用したい大企業に向けたサービスです。

    Mominokiのクラウドだけをご利用いただくMominoki Liteは、クラウドを利用できない社員のための「紙申告書印刷機能」、あるいはウェブ画面やメール文面に企業独自の文言を差し込む「独自文言差込機能」など、大企業の人事部に必要な12の管理機能を実装してあります。

    どのクラウドも従業員向けの機能に差はありません

    年末調整申告をクラウドで電子化し、ペーパレスを実現するというサービスコンセプト。これはどのクラウドサービスを利用しようと、大きな違いはありません。管理画面から進捗を参照し、未提出者を抽出して督促メールを送信するといった機能も、特別なものではありません。
    Mominoki Liteは、多くの従業員を抱える大企業の人事部が、年末調整業務を効率的に行うのに必要な12の管理機能を充実させました。いずれも追加料金は不要です。

    大企業の人事部に必要な12の管理機能

    例えば、従業員全員がクラウドを使えるわけではありません。工場にはPCがないかもしれません。たとえ従業員全員にPCを配っていたとしても、休職している従業員はクラウドを使えないかもしれません。
    人事部は、Mominoki Liteの「紙申告書印刷機能」を使って、従業員・扶養親族・団体保険の情報が印字された紙の申告書を印刷することができます。
    拠点や子会社が多ければ、証明書等の提出方法がそれぞれ異なります。「独自文言差込機能」を使えば、ウェブ画面、メール文面、および証明書等と一緒に提出するQRコード付き台紙に、提出場所や提出期限に関する企業独自の文言を差し込むことができます。
    それらの機能の一部を紹介しておきます。

    サブメルアド登録機能
    人事部が最初に登録したメルアドとは別に、社員が使いやすい個人のメルアド等をサブメルアドとして登録できます。自宅でクラウドを操作したい社員に便利な機能です。
    デフォルト表示選択機能
    人事部のデータベースに記録されている障害、勤労学生、ひとり親等の情報を、クラウドのWeb画面にデフォルトで、それぞれ表示させるか、させないかを選択できます。
    データ修正選択機能
    デフォルトで表示した情報を、修正できるか、できないかを選択できます。
    収集要否選択機能
    障害、勤労学生、あるいは前職源泉徴収票を、提出させるか、させないかを選択できます。
    グループ管理機能
    人事部員ごとに、グループ全社か個社という参照範囲を切り分けることができます。また、進捗の参照だけなのか、申告内容まで参照できるのかも切り分けることができます。
    サブメルアド登録機能
    人事部が最初に登録したメルアドとは別に、社員が使いやすい個人のメルアド等をサブメルアドとして登録できます。自宅でクラウドを操作したい社員に便利な機能です。

    12の管理機能の全貌は、Mominoki Liteの資料をご請求ください。

Mominokiの動画紹介

大企業の利用に最適化された
Mominokiの多彩な機能を、
デモを交えて紹介します。

  • 年末調整クラウド+BPOサービス Mominoki 01

    5分でわかるMominoki

    Mominokiを知るには、まずこの5分間の動画をご覧ください。他に類を見ない年末調整サービスであることを、お分かりいただけます。

  • 年末調整クラウド+BPOサービス Mominoki 02

    サービスコンセプト編

    「クラウドとBPOを組み合わせることで、社員と人事部を年末調整から解放する」というサービスコンセプトを説明します。

  • 年末調整クラウド+BPOサービス Mominoki 03

    読取テクノロジー編

    人口減少社会に突入した日本で人海戦術に頼るのは無謀です。ラクラスのBPOを実現するのは先端のテクノロジーです。

  • 年末調整クラウド+BPOサービス Mominoki 04

    従業員の作業編

    クラウドへの入力から証明書原本の提出まで、従業員の作業を説明します。クラウドの入力画面を1枚ずつ説明いたします。

  • 年末調整クラウド+BPOサービス Mominoki 05

    複数の申告方法編

    Mominokiは、3種類の電子申告方式と1種類の紙申告方式を用意することで、すべての従業員の申告を引き受けます。

  • 年末調整クラウド+BPOサービス Mominoki 06

    番外編 しみじみ語る開発秘話

    「従業員の申告を証明書と突合するよりも、ゼロから証明書を読んだ方が効率的かも」という発想から開発完了までの物語です。

  • 年末調整クラウド+BPOサービス Mominoki 06

    大企業のための管理機能編

    大企業が年末調整クラウドを利用するときに、欠かすことのできない12の管理機能を紹介します。

FAQ

Mominokiの利用実績を教えてください。
2020年度において、Mominokiは120社17万人にご利用いただきました。ラクラスは、2005年度からクラウド+BPOによる年末調整サービスを提供しています(当時クラウドという単語はありませんでしたが)。
Mominokiの特徴を教えてください。
Mominokiは、クラウドとBPOサービスを組み合わせることで、従業員に代わって保険と住宅控除に関する証明書類を読み取ります。そして人事部に代わって、証明書類の収集と確認を代行します。
画像認識AIなどのテクノロジーの利用により、広範なサービス範囲、正確な読み取り精度、そしてご利用いただきやすい価格を実現していることも、Mominokiの特徴です。
業種や従業員数による利用する企業の偏りはありますか?
年末調整は、日本の全企業において一律の業務であり、業種による偏りはありません。従業員全員がPCを使えない環境にある場合に備えて、ラクラスは従業員のスマホを使うオプションや、従来通りの紙の申告書を使うオプションも用意してあります。
従業員数に関して申し上げますと、Mominokiは概ね1,000名以上の従業員をもつ企業の年末調整業務効率化を念頭において、設計されています。
従業員本人が入力するシステムですか?
はい、従業員一人ひとりに、Mominokiのクラウドのアカウントを持っていただきます。そして、情報の入力、および証明書の読み取り結果の確認を行なっていただきます。
全員がクラウドに入力できるわけではなく、紙の申告となる従業員もいます。
Mominokiは、電子申告と、従来通りの紙の申告とを混在してご利用いただけます。紙の申告書に対応していることも、クラウドだけの年末調整サービスとは大きく異なる、Mominokiの特徴です。
ユーザ企業は、従業員一人ひとりの状況に合った申告方法を設定できます。

お問合せ

Mominokiの機能やサービスに関する
質問はこちらから

見積依頼はこちらから

資料請求

動画で使用した資料、FAQ、料金表などの
資料をご請求いただけます。